スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンボジア 3日目

朝5時過ぎに起床。天気はびみょー。ま、行くぞね。

夜の町を徘徊していた時には気付かなかったが、街灯が無い?いや、正しくはあるのだろうが、ホテルから出ると町はかなり暗い。そんな中でも町の人は店や露店の開店準備をしているようだ。そしてその暗い夜道をトゥクトゥクが。他の自動車も同じ方向へと走らせているが、恐らく目的は同じだろう。
到着したときにはかなりの人が来ていて、条件の良さそうな場所は埋まっとる。。。
さて、だんだんと太陽が昇ってきていい雰囲気に!
アンコール・ワット サンライズ

アンコール・ワット サンライズ


一番美しいといわれる1月頃はまさに中央遺跡の後ろから朝日が昇るそうだが、今の時期はかなり左側から昇るとの事でイマイチ。でも天候に左右されて見れないよりも見れただけでも良かったので、これで良かったんよ。と、都合のエエように思うことに。でも・・写真がイマイチだったので少し残念です・・・。
少し離れた所からは気球も上がってました。そこから見る景色もさぞかしエエんでしょうな。

さて、3日目の旅行記は写真もかなり多いので、続きを読むでご覧ください。写真もサムネイルにしているのでクリックしてみたりしてください。
太陽も完全に昇ったので、ホテルへ撤収。
いつものを3杯食べて、少し眠ってからアンコール・トムへ。
さて、三日目となってデジカメのメモリー残量が気になるとこです。1Gしか持ってないので、いつもなら最高の画質で撮るんですけど、さすがに今回は足らん予感がしてたので、考えながらの撮影に。しかし、絶対に足らん事は明白。足らんけんって、消したりするんは嫌やし・・・画像を縮小して少しでも空ける事に・・・。こんなんならもう1G買ったら良かった。。。

で、到着。すると入り口(南大門)の駐車場には象が・・・。テンション上がって『あ。象じゃ!象じゃがぁ!!えーっ!!!』とデカイ独り言を言っていたらガイドが『・・・象に乗りたいんですか?』と。乗りたい事を伝えたが、何故かその返事は返ってきませんでした。。。
アンコール・トム 南大門 象達


南大門。今は門番はいませんが、当時は居たそうです。しかし居なくとも門の上の観音菩薩の口の中に入って、試されている様な気がしました。
アンコール・トム 南大門 入り口

アンコール・トム 南大門 入り口 反対側


南大門で写真を撮って、車で移動してバイヨン寺院へ。
アンコール・トム バイヨン寺院 入り口


バイヨン。ここも神秘的な遺跡です。壁には当時の生活状況や、戦争の事が連続したレリーフで綴られています。これはゆっくりと時間を掛けて見たらエエと思います。今になってもっとゆっくり見れば良かった事を後悔してますんで(苦笑)それに観音菩薩の顔が全部で100以上もあり、常に見られている感もしました。
アンコール・トム バイヨン寺院 レリーフ

アンコール・トム バイヨン寺院 レリーフ 亀にケツをかまれるオトコ


地元の方や観光客と思われる方がスケッチしていたり、民族衣装?を装備した子供、占い師など等、ならではの感じも良かったです。
アンコール・トム バイヨン寺院 スケッチ中

アンコール・トム バイヨン寺院 地元の子供?

アンコール・トム バイヨン寺院 占い師


有名なクメールの微笑み。
アンコール・トム バイヨン寺院 クメールの微笑み


バイヨンの次はバプーオン。
フランスのチームによって修復されている様で近づけませんでした。又、全長70メートルの寝釈迦像も見ることはできまへんでした。
バプーオン


で、ピミアナカス。
ん?ここはどんなんじゃったっけ?と、思い出してみたり、写真を見たりしてますが、記憶も写真もありません。ちゅーことは行ってないんか。いやぁ、今日はじめて気付いたわい(笑)
・・・。

そ・・そして象のテラス。
ここは象の彫刻が壁一面に。その先にはガルーダ、ガジャシンハの彫刻がズラリ。
アンコール・トム 象のテラス

アンコール・トム 象のテラス

アンコール・トム 象のテラス(ガルーダ・ガジャシンハ)

アンコール・トム 象のテラス(王のテラス)


次はライ王のテラス。
ここも壁一面にイロイロな彫刻がされていました。一部の壁は日本からのチームにより補修されている箇所もあるそうで、倒壊しないように反対側はコンクリートで補強したりしていました。補強の為に、彫刻を塞いでしまう事になった様ですが、一部に穴を開けて彫刻が見れるようにと工夫をしているようです。
修復した箇所は明らかに違う。
アンコール・トム ライ王のテラス

アンコール・トム ライ王のテラス

アンコール・トム ライ王のテラス


なんとなく怖い。
アンコール・トム ライ王のテラス

アンコール・トム ライ王のテラス


で、アンコール・トム遺跡観光も終了。
そこでガイドに『デジカメのメモリーがモ~ないんじゃがん。どっかカメラ店とかでCDに落としてくれるとこないん?』と聞くと、ふつーに『アルヨアルヨ。』との事!!昼食前に寄ってくれるとの事でラッキー!!CD2枚分で6$。びみょーな金額だがこれはもう仕方がない。今回は偶然だと思って、次回からはメモリーかモバイルPCを持って行った方が安心します。

で、昼食。
3日目 昼食

3日目 昼食

3日目 昼食

3日目 昼食

3日目 昼食

3日目 昼食


昼食後はまたホテルで休憩して午後からはついにアンコール・ワットへ!!
アンコール・トム バイヨン寺院 出口
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://theusi.blog101.fc2.com/tb.php/25-ddea8dfa

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。