スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンボジア 1日目

出発前日は大阪南港までフェリーで移動。そして翌朝にシャトルバスで関空へ。で、早くも痛恨のミス。南港までと関空までのシャトルバスの移動がセットになったチケットがある事を乗船してから気付いた。ダメ元で船員に相談するが、冷たくあしらわれる・・・。結構な割引料金なのでショック。。。
早朝、フェリーも到着し、大阪南港から関空へ。当然、関空は初めてで人の多さに少しびっくり。それに広い。
旅行会社の窓口でチケットを受け取り、ボディチェック、出国審査を終えて搭乗口へ。思ったより簡単に事は終えれたので一安心。
さて、カンボジアまでの移動だが、現時点では日本からカンボジアへの直通便はないらしく、今回はベトナムはホーチミン空港経由で、カンボジアはアンコール遺跡群のあるシェムリアップ空港へ。乗り継ぎとかあるので不安は満載だ。出発までに時間がある為か、待つ人は殆どいない。更に不安。。。しかし、そんな不安もどこへやら、時が経つにつれて人が集まってきて、いつのまにか座れない程の人数に。
搭乗時間にもなり、飛行機へ乗り込む。いよいよ出発だ!初めての海外、そして一人。座席に座り、外を眺めながら一人感慨深げにしていたが、不安と楽しみとで変になったのか、いつの間にかニヤニヤしていました(笑)
ベトナム航空


ホーチミンまでは約5時間半掛かり、ウシサイズでは明らかに窮屈なこの座席。先が思いやられたが、ビールを飲んだり、機内食や外の様子を楽しみながらあっというまの5時間だった。
ベトナム

ベトナム

↑区切った様に大地の色が茶色・・なんでこんなになっとんやろ?

で、ホーチミン空港で乗り継ぎの為、トランジットカウンターで手続きを終えてから、出発まで2時間余り。ベトナムへの入国は出来ないので、窓からベトナムの町を見たり、買いもしない免税店辺りをウロウロして香水の匂いに飛行機酔いを約束させられながら、いよいよカンボジアへ。
ホーチミンからカンボジア(シェムリアップ)までは約1時間。本格的な食事ではないが、軽食が出てきた。食べ終えて少しすると、どうやら着陸準備に入ったらしく、急いで入国審査書に記入するが、結構、飛行機が揺れて香水の匂いとの相乗効果で気持ち悪さも限界にきていたが、なんとか書き終えて到着。到着してから気付いたのだが、別に機内で書く必要は無かった。
シェムリアップ空港は2004年に全面改装を行った為、キレイでカンボジアっぽい空港でした。
シェムリアップ空港


入国審査を終えてついに、カンボジアへ入国!!玄関から足を踏み出すと目の前にはガイドらしき方が軍団でいるではないか。その中からウシガイドを見つけ出し、挨拶も早々に車に乗ってホテルへ。移動中・・・ちゅうか、危ないっ!!車の運転!!!カンボジアという国、交通ルールは殆どないみたい。スピード制限ナシ、車以外は免許ナシ、バイクは乗る事が出来たら子供でも運転可、バイクの3人乗り、4人乗りは当たり前、信号はシェムリアップでは2個くらいしかみませんでした。これでよく事故が起きないな~。と関心していたら・・・旅行中に事故現場を目撃しました。。。でも、定められたルールは少ないにせよ、自分たちのルールが働いている事は認識することができました。

17時頃(現地時間は日本時より2時間遅い)ホテルへ到着し、ホテルマンが荷物を部屋まで運んでくれたので、初チップを渡そうとしましたが、何故か拒否されたりして・・・。ごく普通と思われるチップだったんですけどねぇ。。。
サリナホテル

↑サリナホテル。写真は後日、昼間撮影分です。

初日の夕食は準備されていなかったので、運転手に頼んで市内へ。クメール語かと思っていたら、英語で話しかけてくる。まぁ、どっちにしても解りませんし、メニューを見てどんな食べ物なのかもわかるはずもなく、とりあえず有名?な、タイガービール。
タイガービール


そして適当に食事を頼んで、登場してきたのが、魚のスープと、白米。
シェムリアップ 初日の夕食


適当に頼んだ割には上出来とスープをごくり。・・・。これが香草のかほり・・・?ちょっとヤバイかも・・・。と、思いながら、でも、なんとか食べれそうと思っていたところに、ショウガみたいなキュウリみたいなのをガブリと食べた瞬間、香草の茎かなんなのか解りませんが、まさに香草そのものみたいなのをかじって、これにて終了。。。これまで大体のものは食べてきて、それなりの自信もありましたが、香草入りの食べ物だけは無理でした。。。それでも残すのは悪いと思い、少しでも食べる事にしましたが、全く減る気配もなく、完全に終了。。。でも、何か食べないと明日からの体力も心配だったので、一心不乱にビールを飲みながら、白米だけをお代わりし続けてお腹を満たしました。あ~、情けな。。。

運転手とは21時30分に待ち合わせしているので、ブラブラすることに。町はとても活気があり、賑わっている。有名なトゥクトゥクのドライバーや、お土産売りの人が日本語で気軽に話し掛けてくるのにはびっくりだ。彼、彼女達は日本語の他にも英語、中にはフランス語まで会話出来る人もいるとの事。
さて、ウロウロ中。ガイドブックやネットには夜は危険だから出歩く事はお勧めできないとあったが、そんな危険は全然感じなかった。(日本人は見かけなかった。欧州人や米人が多かった)ただ、ここから先には行ってはいけないんだろうな。と、いう箇所は何となく肌で感じる事が出来たので、その辺りには近づかずに、何となく歩きながらTシャツやウチワ、ミネラルウォーターを思い切り値切りながら買い物も楽しみました。
ビールも飲んで少し酔いもあった為か、知ってる英単語をそれっぽい発音をしているウシに満足しながら、初日は終えました。
明日からはいよいよ遺跡巡りが始まります。
関空→ホーチミン ビール

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://theusi.blog101.fc2.com/tb.php/22-11876fc0

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。