スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

直島 アートとコメの収穫祭② と、屋島

アートとコメの収穫祭会場は、本村地区にある南寺広場と道を隔てた南寺駐車場です。
アートとコメの収穫祭会場


沢山のアートマーケットが並んで、人も沢山います。
特に何も買いませんでしたが、米プロジェクトに関するクイズに答えるとなんと、直島米。
(香川県直島産ひのひかり)を無料でくれるというではないですか~。
で、さっそくクイズに答えてゲットしましたぜ。

おにぎりにして食べようと思います。

このアートマーケットは若者が殆どだろうと思っていましたが、地元の年配の方も沢山
来ていて、ホント、地元と一体化しているイベントだと感心させられました。

13時からは収穫演芸祭ということで、直島観光親善大使の大塚千夏サンの司会で
歌舞伎や獅子舞があるので、それまでの間、高原城跡や、海辺をウロウロ。

時間になったので、会場へ。
大塚サン?あれ??火の祭りの時と比べると痩せたのか、べっぴんになってました(笑)

当初、会場だけでもと思っていたのですが、せっかくだから歌舞伎ってどんなもの
なのか見てみることに。
演目は神霊矢口渡。なんでも直島バージョンらしくて、直島に関する台詞がでてくると
会場からは笑い声が。そしてうしも笑ってみる。
初めてみましたが、思っていたよりもずっとわかりやすくて、見れてよかったです。
歌舞伎


その後は、いただいたお米の生産地、積浦経由で黄色のカボチャを見にいく。
やっぱり黄色のかぼちゃの方がキレイ。材質が違うけんかなぁ。
黄かぼちゃ

黄かぼちゃ


地中美術館前を通って、海沿いから宮浦港まで帰ってみるが、思っていたよりも
ずっと近くて、時間も掛からなかった。まぁ、勾配きつくてしんどいですけどね。

港へ帰る途中、ふと思い出したことが。
そういえば屋島から見る夕日や夜景はきれいだと聞いたことを。
今日は天気もエエし、きっときれいやろのぅ。。。
と、思いはじめると行きたくてたまらなくなるこの性分。
帰りのフェリーを一便早めて15時40分の高速船で帰ることに決める。
あ。フェリーは往復を買っていましたが、不足分を支払うと高速船で帰れます。

宮浦港外のベンチに座ろうとすると、カードケースが置かれている。
見てはいかんと思いながらも見てみると、免許書に名刺、定期とかイロイロある。
そうです。落し物ですな。
海の駅の係員に落し物である事と、名刺にはケイタイ番号が書かれているので、
電話して持ち主に連絡するようにエラそうに指示?してみる。
落とし主の方は無事に受け取ったでしょうか?


高松港から屋島へ。
夕焼けの絶好の時間は過ぎてしまいましたが、夜景はちょっとびっくり!!
愛媛でここまでの夜景スポットは知りません。
いやー。ホント、きれいでした。
今度は夕焼けのタイミングから来てみたいもんです。
屋島夜景


今回、直島ではイベントも目的のひとつではありましたが、なにをするでもなく、
ただなんとなく行ってみました。またなんとなく行ってみようかと思います。
banner_01.gif
人気ブログランキングに登録しました!ポチッっとお願いします。
屋島夜景

スポンサーサイト

直島 アートとコメの収穫祭①

今年3回目の直島へ。
何をそんなにこだわっているのか?
うーん。こだわりなんてありません。

今回は高松港から直島へ渡るので、車はサンポート地下駐車場へ。
駐車して港へ向かっていたとき、突然、係員に呼び止められる。
『そっちから行ったらいかん、エレベーターで行って!』
と、怒ったように(実際、怒っていたのかもしれませんが)言うではないか。
『はぁ?なんがなん??今、言うたことってどっかに書いとん?えー?』
と、噛みついてみるが、答えになっていない返事が返ってくる。

出発時間まで時間もないので、それ以上の問答はやめてエレベーターで。
そんな怒ったように言わんでもエエのにと思いながら、嫌な気分に。

さすがに天気もよいせいか、フェリーには多くの人が。
ほとんどが若者(25歳未満?)で、
『みんな若いのぅ』と、オッサンくささもでたりしながら、9時過ぎには到着。

まずは自転車のレンタルだ。
そりゃ、バスの方がラクだし、早いのは当然だけど、それでは気付かない
事なんかもあるし、特に写真を撮るのも目的のひとつなので、自転車だ。

お腹が減ったので、山本うどんが思い浮かぶが開店が10時なので、
それまで港周辺をウロウロすることに。かぼちゃを見に行く。

かぼちゃは傷んでいた。
ぱっと見てわかるほどの傷が多く、ひび割れも目立つ。
おまけに『誰か駆け登ったやろ?』みたいな跡もある。
屋外作品ということもあって、これも運命なのかもしれませんが、直島には
いくつも屋外作品があります。いつか規制されるようになって、自由に見たり、
触れたりすることができなくなってしまう事になると非常に残念です。
これからも屋外作品が展示されるように、大事にしていきたいもんです。ハイ。

10時前には生協前へ。
喉も渇いたので、生協で刺身とビールを求めてみるが、直島ならでは?
の刺身がなかったので、あきらめて2件隣の山本うどんへ。

15分くらい遅れて開店との事で、大勢が待っている。
さすが。人気ある。

入店して、釜揚げを注文。
うし『釜揚げ。大盛りで』
おば『時間掛かるよ~』
うし『エエけん』
おば『20分くらい掛かるよ!それでもええ?』
と、なんだか注文してはいけないような感じで凄んでくる。
凄みに負けて、
うし『肉うどんで。。あ。大盛りで。。。』
と、申し訳なさそうに注文。

まぁ注文したらイカンことはないと思うけど、待ち時間もったいないけん、
せっかく来たんやし、はよ食べてイロイロ見てこんかい。
と、気を使ってくれたんじゃないんかなーと思います。

実際、強者揃いのおばちゃん軍団はよゆーで、注文して食べてたし。
注文できなかったのはうしと、隣のカップルの弱者だけ(苦笑)
ま、肉うどんも美味しいし、直島へきたら是非、食べる事をオススメします。

お腹も一杯になったので、本村方面へ。
お尻にサドルが食い込む事を少し気にしつつ、これまで通った事のなかった
道を進みます。

思っていたよりも家が多くある。
すれ違う人は挨拶してくれる。
自転車をこぐのをやめて、道の真ん中でたたずむと昼間なのにシーンとする。
うーん。なんだか落ち着きます。

本村へ。
嶋屋の入り口には目新しい看板が。どうやら現在、展示しているアーティストが
作成したものみたい。
嶋屋

アーティストは金谷浩之サン。
広告、店舗デザインなどの商業デザインを手がけているそうで、ある店舗デザインが
HONDA lifeのローカル広告のイメージとなったりしたそうです。
嶋屋の中に入ってみると大きな絵が目をひきます。
これは直島から瀬戸大橋方面を見た絵ではないでしょうか?
嶋屋 金谷作品


オーナー(おばちゃん)に次の展示作品について話しを聞くと、写真関係とのことで、
どういう写真が展示されるのか少し興味があります。

そしてその時には金谷サンの作品と入れ替わりますが、作品は寄贈してくれた
みたいです。しかし、せっかくだからどこかに展示して、みんなに見てもらいたい
と言っていました。大きな作品ですから、場所の問題もありますが、いつか、
どこかに展示されることをと思います。
嶋屋 金谷作品


次はアートとコメの収穫祭の会場へ。
ですが、今から釣りにいきますので、また次回お話ししますね。
それでは。。。



葉っぱ

banner_01.gif
人気ブログランキングに登録しました!ポチッっとお願いします。

ひとあんしん

ただいま。

カメラ。
修理されて返ってきましたよ~。
良かったです。直島いくまでに戻って。。。

機械は比較的簡単に直ると思います。
それに比べて人間は簡単には治りません。
ケガにしても、人間関係にしても。

23日は予定通り直島です。
ちょっとしたイベントがあってですね、フリーマーケットならぬ、アートマーケットや、
2010年に予定している瀬戸内国際芸術祭のシンポジウムや、新米試食会も
あるみたいです。

でも、シンポジウムや新米試食会は24日にあるみたいで。
休んで泊まりで行ってやろうかとも企んでましたが諦めました。。。

自転車でウロウロします。
生協では刺身、ビールを買って海辺で一杯やるつもりです。
そして、山本うどんで大盛り食べます。
なので、昼寝メインになるかもしれませんが、エエんです。

明日は仕事も早めにきりあげて。
少し休んで。
ガソリン入れて。
歯をみがいて。
アジカン聞きながら。


すきな直島へ行きます。
banner_01.gif
人気ブログランキングに登録しました!ポチッっとお願いします。

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。